一切経山~東吾妻山 東吾妻山編 H24.9.1(土)

平成24年9月1日(土)

一切経山編の続きです…

一切経山の山頂から、魔女の瞳と呼ばれる五色沼や
西吾妻山への稜線などの眺望を楽しみ、酸ヶ平湿原に
降りてきました。鎌沼のほとりでは青空も見えていました。

が…、青空の面積が増えてきたなぁと思ったのも
束の間、あっという間にガスがやってきました。

東吾妻山へ向かう途中、鎌沼を見下ろします
画像

青空は消え、怪しい雲に包まれます

すぐに雨が降り出しました
画像

木道だったのでカッパを上だけ着て、ザックカバーをしました。

【10:18 東吾妻山登山口】

ここからは樹林の中の登りです。
画像

しばらくはこんな感じの道が続きます。
カッパを着てしまったので暑い。樹林の中で風も吹かない。
蒸し風呂状態。

でも、少しすると雨はあがり、カッパを脱ぎました。

少し急な登りがありますが、立ち枯れた木が目立つと
空が近くなり傾斜がゆるくなりました。
画像


少しすると森林限界となり、少しの間ハイマツの間を歩きます。
画像

山頂はもう少し。

【10:59 東吾妻山(1975m)山頂】

磐梯山方面は幸いなことにガスはありませんでした。
画像

湖も4つ確認できます
一番左に猪苗代湖、真ん中やや右に秋元湖、右端手前が小野川湖、
奥が檜原湖です。磐梯山は中腹より上に雲がかかっています。

小野川湖と檜原湖(奥)
画像


秋元湖
画像


ラーメンを食べようと思いましたが、南西の空がかなり
怪しいので、とりあえずおにぎりとゼリーでおなかをみたし
ました。ラーメンはあとで降りてから食べることに。

おにぎりを食べていると磐梯山の雲がとれてきました。
画像


山頂をアップにしてみましたが、雲が少しかかって見えませんでした。
画像

山頂が見えれば、写真で登山者を確認できそうな距離ですね。

山頂からのパノラマ(クリックで大きく)
画像


名前入り
画像


今日の天気からすればこれだけ見えれば良しとしましょう。

ほんの少しするとガスが一気にやってきました。
山頂はあっという間にモノトーンの世界に。

東吾妻山山頂
画像

山頂はなだらかで広い。

予想通り、小雨が降り出しました。
すぐに荷物を片付けて下山です。
すぐに樹林帯に入るのでカッパは着ませんでした。

登山道でツルリンドウの仲間を見かけました。
画像

調べてみるとテングノコヅチという花のようです。
つるが巻き付かないで地面を這うようにしているのが
特徴のようです。

やっぱり左の足首の痛みは治りません。
石に乗りちょっと足首の外側が伸びるだけでかなりの
痛みがあります。足をくじいたときのように外側を
伸ばすと痛い。医者では筋が炎症を起こしているのでは
との話でしたが、いっこうに良くなる感じはありません。
スポーツに強い接骨院等に行った方がいいかな…
今日は特に単独だったこともあり下山のスピードは
遅かったです。

【11:13 東吾妻山登山口】

雨はやんだようです。
ここからしばらくは木道歩き。花がたくさん咲いています。

途中、姥ヶ原の看板の前を通過。
このあたりでラーメンとも思いましたが、天候がくるくる
かわるので泣く泣く歩き続けます。

ゴゼンタチバナは赤い実をつけていました。
画像


しばらく歩くと下の方に浄土平が見えてきました。
画像

自分の車もあった。なきゃ困りますが・・・

奥には吾妻小富士も見えています
画像

天気が良ければ10年ぶりに吾妻小富士も歩いてみたかったのですが
今回はパスです。

樹林をぬけ、登山口の橋のすぐ手前でぽつりぽつりきました。
車まであと10mくらいのところで、大雨に。
ぎりぎりセーフでした。

【12:40 浄土平駐車場に到着】


車のバックドアを屋根代わりにしてラーメンをつくりました。
山頂でたべることはできませんでしたが、大雨にあたらなくて
よかったです。
途中ですれ違った小さい子を連れた親子とかちょっと心配に
なりました。

強い雨はラーメンを食べ終わる頃には弱まりました。

バッジがあるかなとビジターセンターへ。

一切経山のバッジと浄土平のバッジがあったので購入です

一切経山
画像


浄土平
画像


東吾妻山はありませんでした。
レストハウスをさがすも、吾妻小富士のバッジはありましたが、
それ以外は見あたりませんでした。

晴れを期待していきましたが、雨が降ったりやんだり。そんな中でも
眺望はけっこう楽しめました。一切経山の荒々しい感じと東吾妻山の
優しい感じの両方が楽しめたのも良かったです。
雲は夏っぽい感じでしたが、空気感はすでに秋。
紅葉も近くなってきました。紅葉の登山は人が多いのが難点ですが
それでも見る価値のある山に行ってみたいですね。

このあと320km走り帰宅。さすがに腰がはって痛かったです。
余裕があれば泊まりで行きたいところですね。

今日のコース
歩行距離 約10km
累積標高差 約590m

浄土平7:37-酸ヶ平分岐8:15-8:18酸ヶ平避難小屋8:21-
9:00一切経山9:19-酸ヶ平分岐9:46-東吾妻山登山口10:18-
10:59東吾妻山11:13-東吾妻山登山口11:55-12:40浄土平

地図
画像


断面
画像


距離があったのでなかなか行けませんでしたが
今回思い切って行ってよかったです。
日帰りハイキングにはおすすめのコースです。
磐梯吾妻スカイラインのドライブもとても楽しいので、裏磐梯あたりに
泊まって、磐梯山、安達太良山もいっしょに登ってしまうのも
楽しそうです。

足首や膝が最近悲鳴を上げているので、真剣にやせなければ
いけないと思う今日この頃です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

HT
2012年09月02日 16:29
こんにちは。
お天気悪くなってきてしまったのですか、残念でしたね。でも好きな山を歩いていらしたので楽しく行ってこられたでしょうね。
山に登られて、往復640Kの運転大変だったことでしょうね。
2012年09月03日 21:28
HTさん、こんばんは。
そうなんです。残念ながら天気は回復しませんでした。
帰りの道も一番景色の良いところは霧でした。
福島日帰りは2回目ですが、やはり疲れますね。

この記事へのトラックバック