残雪の大菩薩嶺 晴れるんじゃなかったっけ? H23.4.10(日)

平成23年4月10日(日) 曇り 霧

上日川峠までの道が通じると人が多くなるので
晴れの天気予報を信じ、大菩薩嶺へと向かいました。

大菩薩嶺は2009年9月に妻と歩きました。

今回は残雪を歩くのを楽しみに登ります。

3:45 市川市を出発。

6:05 裂石登山口駐車場に到着。

6:19 裂石登山口を出発
画像

すぐに右にあがる道がありますが、左の林道を進みます。

15分くらい、林道を緩やかに登ります。

この指導標から山道を急登です
画像


途中、緩やかになるところもありますが、急登が続きます。
毛無山の下の方を思い出しました・・・

後半は岩がごろごろしたところも出てきます
画像


傾斜が緩くなると地面が泥濘になり、周りは草原状になります。
ほどなくまるかわそうが見えてきます。
画像


7:57 丸川峠
画像


ザックを降ろして休憩。ワッフルを食べました。おいしい。

8:09 丸川峠を出発

まるかわ荘の裏手を登りますが、ひどい泥濘。
斜度もちょっとあるので、滑りまくりでなかなか進みません。
膝をついてしまったので、ずぼんはどろどろ・・・
画像


すぐに雪道となり、4本爪アイゼンを装着。
氷にアイゼンの刃が入る音が心地よい。
さくさく登れます。

残雪の登山道
画像


雪の厚さは深いところで30cmはあるでしょうか・・・
画像


コメツガの美林の中を静かに歩きます・・・気持ちいいです
画像


山頂が見えた♪
画像


9:58 大菩薩嶺(2057m)に到着
画像

山頂標と三角点が仲良く並ぶ

百名山で誰もいない山頂はめずらしい
天気よくないし・・・

写真だけ撮って、雷岩に向かいます。

雷岩への道
画像

登山道はシャーベット状のところ、アイスのところとありますが、軽アイゼンが効いて
いい感じで下れました。

10:08 雷岩
画像

唐松尾根との分岐です。

ここは絶景スポットですが、霧で何も見えず・・・

バームクーヘンを食べました・・・お菓子ばかり食べてるな・・・

10:13 雷岩を出発

大菩薩峠までの稜線は最高です・・・が、今日は寒風が吹き、
寒い。何も見えない・・・orz

10:22 標高2000m(神部岩)

賽の河原の避難小屋が見えてきました
画像

10:38 賽の河原

ここから親不知ノ頭へ、雪道を登り返します。

10:44 親不知ノ頭

眺望なし・・・

10:59 大菩薩峠
画像


介山荘は閉まっていました。
ベンチでおにぎりとパンを食べ、エネルギー補給。

割ときれいなトイレがあります

11:09 大菩薩峠を出発

介山荘を振り返ります
画像

雪道を歩くと膝まで潜ります

林道の入口までこんな感じが繰り返します
画像


介山荘で外したアイゼンをもう一度つけました。
つけた方がさくさく早く下りられます。

11:39 勝縁荘前に到着
画像

ここでアイゼンを外し、沢で洗いました。
11:42 出発

樹林の間から大菩薩湖が見えた♪
画像


11:45 富士見山荘

富士見平・・・富士山はどこ?
画像


11:51 唐松尾根分岐

雷岩から唐松尾根を下るとここで合流です
福ちゃん荘が建っています。皇太子夫妻が休憩したらしい。
画像


上日川峠まで車道と登山道が平行しています。
泥濘はいやだったので、車道を下りました。車道は1カ所だけ
凍結箇所がありましたが、問題はありませんでした。

12:04 上日川峠

ロッヂ長兵衛前で休憩。
ゼリーでエネルギーチャージ

上日川峠からの景色
画像


上の方はガスっていたので景色の写真はほとんどなかったなぁ・・・

12:15 上日川峠、出発

ここも車道と登山道がありますが、距離の短い登山道を選択しました。

熊出没注意の看板のところを左に下りていきます。
画像


上日川峠から駐車場まではまだ標高差が600mちかくあります。
ここが一番疲れました。

12:41 第2展望台  何が見えるんだろう・・・

12:53 第1展望台  富士山が見えるのかな・・・

第1展望台からの景色
画像


13:10 千石茶屋

13:18 裂石登山口に無事到着


今日のルート
歩行距離 14km
累積標高差 1150m

地図
画像


断面
画像


6:19裂石登山口-7:57丸川峠8:09-9:58大菩薩嶺-10:08雷岩10:13-
10:22 標高2000m(神部岩)-10:38賽の河原-10:44親不知ノ頭-
10:59大菩薩峠11:09-11:39勝縁荘11:42-11:45富士見山荘-
11:51唐松尾根分岐-12:04上日川峠12:15-12:41第2展望台-
12:53第1展望台-13:10千石茶屋-13:18裂石登山口


天気は今ひとつでしたが、丸川峠から雷岩までの残雪の中を、静かに
歩くのは心地よい時間でした。
雷岩から大菩薩峠の稜線はムードのよいところですが、今回は何も
見えずひたすら歩きました。前回も天気は今ひとつだったので
また歩きに行きたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

HT
2011年04月12日 01:10
こんばんは。
お天気悪くて残念でしたね。
まだこんなに雪が残っているのですか。こんな処をある来たかったのですか。展望は悪かったですが、希望が叶えられて良かったですね。
aki
2011年04月12日 09:14
こんにちは
標高が高い為かずいぶん雪が残っているんですね。展望がきかなかったのは残念でしたけど、雪の中を一人静かな山歩きも良いものですよね。
大菩薩嶺には行った事が無いのでとても参考になりました。
2011年04月12日 13:27
ブルさん
この日はお天気、外れましたね!
私はやはり冬に同じコースを反対周りで歩きましたがブルさんが歩いた時計周りの方が良さそうですね。
上日川峠まで行くのに2時間弱かかってしまいました。
ブル
2011年04月12日 21:20
HTさん、こんばんは。

北面にはまだ雪が残っています。
雪の中を静かに歩くのもなかなか
いいものですよ。展望があれば最高
だったんですけどね・・・
ブル
2011年04月12日 21:23
akiさん、こんばんは。
林道が開通していないこの時期を
逃すと人だらけになるので、晴れを
期待して行ったんですけど・・・
でも残雪の中を歩く楽しさを味わう
ことができてよかったです。
晴れればすばらしい稜線歩きが手軽に
できるのが大菩薩の魅力ですね。
ブル
2011年04月12日 21:27
izumiさん、こんばんは。
ほんと天気予報にはやられました。晴れマークのみ
だったんですけどね・・・
反対コースだと雪の中を下る距離が長くて
神経を使いそうですね。
上日川峠までのぼるだけでも疲れそうですし。

人が少ないこの時期が静かに歩けてよいなぁと
感じました。

この記事へのトラックバック